メリットとデメリット

土地を購入して得られる所有権と比べて、借地権にはどんなメリットがあるのでしょうか。借地権の場合、あくまでも土地の所有者は地主なので、購入するよりも安く済みます。毎月1万円地主に地代を払う、というように支払いをするため、自己資金だけでローンを組まずに家を購入したいという人にもおすすめです。期間が終われば地主に返す必要はありますが、期間中や更新が可能な場合は相続することもできます。また老後は老人ホームや老人向けのマンションに入りたいという人は、安く購入でき決まった期間で返せるというメリットは大きいです。また土地に対する不動産取得税や固定資産税がかからないというメリットもあります。地主さんが売らずに貸すという土地は、立地などの条件が良いということも多いです。

ではデメリットはなんでしょうか。まずあくまでも所有者は地主なので、土地は自分のものにはなりません。また住居の資産としての価値も低くなります。建物を建てる時にローンを組む場合、条件が厳しくなることもあります。借地権を持っていても、地主さんの許可を得なければ自由に建て替えができないなどの制限もあります。

デメリットも多いですが、条件が合えばかなり得なので検討する価値はあります。老後の計画をきちんと立てている人にはぴったりというケースも多いので、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。