借地権の種類

借地権には大きく分けて、普通借地権と定期借地権があります。この2つの違いは、主に契約の期間に関わるものです。どちらも基本的に無期限ではなく、あらかじめ契約期間は定められています。

普通借地権では原則30年と決められていますが、貸し主と借り主両方の同意があればそれよりも長く設定することもできます。期間が終了した後には更新をすることができ、最初は20年、その後は10年単位で更新をします。更新期間も同意があれば長くしてもかまいません。

一方定期借地権では、期間が終了した後に契約を更新することができません。一般定期借地権は50年以上の期間を設定し、期間が終了すれば土地を更地にして地主に返す必要があります。他にも建物の買取請求権を認めないという規定もあり、貸し主により有利な契約です。例外的に建物譲渡特約付借地権であれば、定期であっても更地に戻す必要はなく、継続して居住したい場合には借家として契約を結ぶことができます。

また平成4年以前に契約されたものに関しては旧法が適用されています。旧法は借り主側により有利になっていて、期間は建物の種類によって異なります。契約を更新する際には旧法がそのまま適用されるため、新たに契約を結びなおさない限り旧法のまま契約が続きます。