借地権とは

住宅の購入を考えたことのある人であれば、一度は耳にしたことがあるであろう借地権ですが、実はどういったものなのか知らないという人は多いのではないでしょうか。単純な土地を借りる権利というわけではありません。たとえば、土地を借りる目的は様々で、住居を建てるため、駐車場として利用するため、資材などの保管場所としてなどが考えられます。

そのうち、借地権扱いになるのは住居を建てるために借りた場合です。資材などを保管するための倉庫を建てているのであれば借地権が発生しますが、建物はなくそのまま土地だけ利用している場合は借地権にはなりません。要するに借地権というのは、建物を建てる目的で土地を借りる場合に発生する権利になります。

借地権というのは、原則として定められた期限までの間、地主に土地代を支払うことで土地とそこに建てた建物を利用できる権利を得られるというものです。定められた期間が終了した後には、土地を更地にして地主に返す必要があります。そのため借主にとっては不利な場合もありますが、購入して所有権を持つよりも安く済みます。借地権にも種類があり、期間が違ったり返す時の決まりが違ったりするので、それによってメリットやデメリットも変わってきます。また、住居の場合は戸建てが一般的でしたが、最近では借地権付きのマンションが販売され話題となりました。それらを踏まえて、借地権の種類やそれぞれのメリット・デメリットなどを説明します。